学校法人愛西学園 愛知黎明高等学校

文字サイズ
部活動紹介

ホーム > 部活動紹介 > 活動報告および今後の予定 > サッカー部

サッカー部

サッカー部

愛知県高等学校新人体育大会県大会2回戦突破!!

◆連戦の疲れを感じさせない軽快なアップ!

 2月2日の日曜日名古屋経済大学グランドで17時10分から県大会2回戦が行われた。

相手は、強豪の松陰高校。前日は県大会の1回戦である向陽高校を撃破したことで雰囲気も明るく、OBの筧コーチの的確な指導で順調にアップが進んでいく。

20140210_1.jpg

◆リベンジを!!

 松陰高校は、実はあまり相性がいいとはいえない相手。OBの砂田、筧コーチともに松陰高校には悔しい思いをしている。その思いを背負っていざ決戦へ。チーム全員で円陣を組んで雰囲気を盛り上げる!!

スターティングメンバーは、GK 柴田(2年)、DF石原(2年)、山村(2年)、谷野(2年)、後藤(1年)、MF 北村(2年)、吉田(1年)、中村(2年)、洲濱(2年)、FW高山(1年)、黒木(2年)。

20140210_2.jpg

◆前半は五分五分の戦い

 前半は、両チームともに激しいプレッシャーでお互い決定機をつくることができない。しかし、19分に中村(2年)が右サイドを突破してわずかに外れるスライディングシュートを放ったり、31分にはCKのこぼれを拾った黒木(2年)が自陣から鋭いドリブルで相手ゴールに迫るなど惜しい場面はつくるがなかなか攻めきることができない。

◆後半はDF陣が大奮闘

 後半は、立ち上がりから、中村(2年)黒木(2年)を中心とした素早いパス交換から黒木(2年)の右に外れる惜しいシュートや、高山(1年)が山村(2年)からのロングパスからループ気味のシュートを放つなど積極的に攻めたてたものの、徐々に松陰が押し気味に試合を進め始める。11分にはオフサイドにはなったが、ゴールを割られ、17分にはゴール前で混戦となり、あわやという場面をつくられるなど苦しい時間が続く。ここで大奮闘したのが、大声でチームを鼓舞したDFの要に成長した石原(2年)と松陰の攻撃を持前の身体能力の高さで何度もストップした谷野(2年)であった。23分に黒木(2年)からの絶妙なタテパスから中村(2年)が抜け出し決定的なシュートを放つが枠を捉えることができない。

◆延長戦へ

 延長前半には、4分に九島(2年)が入り、得意の左足でチャンスをつくりだす。5分に中村のFKが枠を捉え、ゴールかと思われたが、相手GKのファインセーブにあいノーゴール。延長後半立ち上がりに相手のパスをカットして中村(2年)がシュートを放ったり、CKから石原(2年)のヘディングシュートもあったが、ゴールを奪うことができない。

20140210_3.jpg

PK戦へ~PKストッパー柴田誕生!!

 ついに、PK戦へ突入。先行は、黎明。黎明の最初のキッカーは、試合中惜しいシュートを連発していた中村(2年)。しかし、失敗。そこに、GK柴田(2年)がとっさにかけより、「絶対止めるから」と吠える。しかし、松陰の一番手は成功。黎明の二番手は黒木(2年)は冷静にPKを沈め、チームを落ち着かせる。松陰の二番手も成功。しかし、柴田(2年)の読みはあっている。黎明の三番手はDFの中心として冷静に松陰の攻撃を跳ね返していた山村(3年)がきっちり決め、ながれを繋いでくれる。次の松陰の三番手のシュートをGK柴田(2年)がストップ。これで一気に黎明ペースに。しかし、黎明の4番手は中盤で気の利いたプレーと的確な指示で活躍していたキャプテン北村。しかし、シュートは無情にもポストを直撃。これまでかと思ったピンチを救ったのが、GK柴田(2年)。松陰の4番手のシュートを再びストップ!!このビックプレーで再び黎明ペースに。黎明の5番手は、石原(2年)。ど真ん中に蹴りこむ。そして、松陰の5番手がシュートをふかしてこれで勝負あり、激闘を黎明が制することとなった。

 

「監督をベスト4につれていく」

 尾張地区予選をへて、県大会を戦うなかでチームとしてさらに成長を感じ取れたゲームだった。北村(2年)を中心に話し合い、自分たちで考えて、うまくいっていないところを修正しゲームに臨んでいた。特に、ハーフタイムのときが象徴的だった。「前半シュート打ててないから、後半はシュート打っていこう」などという言葉がいろんな選手から出ていた。

さらに、試合終了後、「監督をベスト4につれていきます」という力強い言葉もでて次のベスト4をかけた試合が楽しみになってきた。

 

 

 

 

サッカー部

サッカー部 新人戦県大会出場決定!!

 H25.12.21(土)に愛知県新人体育大会サッカー競技尾張支部大会4回戦で尾張地区のライバルである誉高校と対戦しました。前日からの雨の影響によりグランド状態が不良ということもあり本来の力が発揮できるか心配されました。

 先発メンバーは次のとおりでした。

 GK 藤田(2年)

 DF ~CB石原(2年)・山村(2年) SB 谷野(2年)・後藤未(1年)

 MF~中村(2年)・吉田(1年)・北村(2年)、高山(1年)

 FW~洲濱(2年)・黒木(1年)

 交代出場~竹内(2年)服部(2年)犬飼(2年)西川(2年) 岡林(2年)

20140104_1.jpg

グランドがちょっと・・・

 

 先制されるしかし…

 12時キックオフの予定でしたが、前の試合が延長までもつれ込んだこともあり、12時15分キックオフで試合開始。立ち上がりは誉高校の激しいプレッシャーもあり、なかなか攻撃の形をうまく作ることができないものの、洲濱(2年)、中村(2年)を中心に攻撃を仕掛けます。

 しかし、前半10分に誉高校の右サイドからのクロスをGK藤田が痛恨のキャッチミス!!

 そのこぼれ球を誉高校に押し込まれ、先制点を許してしまいます。しかし、GK藤田のミスをカバーするために洲濱(2年)中村(2年)黒木(2年)を中心に全員で攻撃を仕掛けます。それが実ったのが、前半23分中村(2年)がペナルティエリア左付近から右足を振抜きゴール。

 このシュートは右足で巻くようなテクニカルなシュートでなおかつ、先制され苦しい状況を打ち破る最高のシュートでした。

20140104_2.jpg

いよいよキックオフ

 

 ゴールゴールゴール~怒涛のゴールラッシュ

 同点ゴールにより、黎明の攻撃のスイッチが入ります。中村(2年)を中心に逆転ゴールをめざして攻撃をしかけます。前半24分に洲濱のあわやというシュートや谷野(2年)の迫力ある突破、北村(2年)の華麗な突破でゴールに迫ります。ついに誉ゴールをこじ開けたのは前半28分の中村(2年)のシュート。黒木(2年)のシュートのこぼれ球をトゥーキックで狙い澄ましたものでした。前半33分には、中村(2年)から黒木(2年)へパスそれに対してたまらず相手GKがファール。PK獲得。キッカーはハットトリックがかかる中村(2年)。しかし、バーに当ててしまい失敗。

 しかし、それでも黎明の勢いは止まらず、35分に交代した竹内(2年)がスピードを生かして前線を活性化させます。前半37分にはその竹内(2年)がヘッドでそらしたところをCB山村(2年)が押し込み3点目。

後半開始早々、黒木(2年)の右サイドから切り込んではなったシュートで4点目。さらに、後半2分にCB石原(2年)がゴール前の混戦から押し込み5点目。後半7分に中村(2年)が左からのCKを直接ねじ込み6点目。中村自身はこれでハットトリック達成。後半33分には黒木(2年)が7点目のシュートを決めます。その後も、交代で入った西川(2年)が全線に鋭い縦パスを通しチャンスを演出したり、岡林(2年)服部(2年)が気迫あふれるプレーで38分にあわやゴールというところまで迫った。また、交代してGKに入った犬飼(2年)もミスなくそつなくプレーするとこができました。

 

 2年生の頑張り~チームとしての成長

 一見、ゴールラッシュで大勝した試合のように見えますが、実は前半、ミスがらみで先制点を許してしまったことで試合が壊れてしまう可能性もありました。

しかし、北村(2年)を中心にミスした仲間のことをけなすのではなく、2年生中心に声を出しながらチーム全体でミスした仲間を励ましカバーしながら頑張ったり、ミスした本人も気持ちを切り替え最後まで冷静にプレーできました。また、グランドの悪さや相手の激しいプレッシャーに気持ちが切れることなく頑張りとおすことができ、チームとして一つ成長した姿をみせてくれた試合だったと思いました。

20140104_3.jpg

尾張の頂点目指して頑張るぞ!!

 

 

サッカー部

全国高校サッカー選手権大会 愛知県大会 1回戦突破!!

2013年10月14日 (月),愛知県立岡崎高校グランドにて行われた 第92回 全国高校サッカー選手権大会 愛知県大会 1回戦の試合結果は 愛知黎明 2-0 岡崎西 でした。

 3年生との最後の試合ということで、試合前から緊張感をもって試合に臨みました。立ち上がりは、若干緊張していためかミスも目立ちましたが、そんな中で前半11分に中村隼大(2年)がゴール正面の位置から、直接フリーキックを叩き込み先制!!それをきっかけに、緊張もとけて、洲濱(2年)、牛田(3年)、黒木(2年)らが続けてシュートを撃ち、岡崎西高校ゴールに迫ります。ついに、前半35分に北村(2年)からパスをうけて、谷野(2年)がシュートを叩き込み追加点をとりました。後半も、ゴールラッシュが期待されましたが、後半11分に竹内(2年)の惜しいシュートがあったものの追加点をあげることができませんでした。岡崎西高校に徐々にペースを握られる時間帯もありましたが、小島(3年)、竹内(3年)、藤田(2年)を中心とするDF陣が踏ん張り無失点に抑えることができました。今週の土曜日の2回戦にむけこの試合の反省点をいかして修正して臨みたいと思います。

20131016_1.jpg 20131016_2.jpg

次回の試合について

10月19日(土)  全国高校サッカー選手権大会 愛知県大会 2回戦

場所:愛三大三河高等学校

時間:11:00キックオフ

応援よろしくお願いします!

サッカー部

【サッカー部】インターハイ(高校総体)サッカー競技・愛知県大会2回戦試合結果

平成25年5月12日(日),岡崎城西高校グランドで行われたインターハイ(高校総体)サッカー競技・愛知県大会2回戦にて,

愛知黎明高校2-0時習館高校(東三河地区1位)でした。

  (前半1-0 後半1-0)

 

午後1時15分キックオフで行われた試合はグランドレベルで30度をこえる暑さのなかで行われました。チームは試合開始から全体として体のキレ・動きだしともに悪く、FWにパスを入れても2列目3列目の押し上げが遅いため厚い攻めを展開できず、立上がりから少し劣勢に立たされました。しかし前半20分過ぎ、ハーフウェイ付近で奪ったボールで速攻に転じ、中村(2年・名古屋グランパス)から出されたスルーパスを黒木(2年・蟹江中)が受けてドリブルで持ちこみ相手DFを振りきって左足を一蹴、先制点を挙げました。後半立上がりにも2人のドリブルと細かいパスワークでゴール前に持ち込み今度は中村が決めて2点目。開始30秒の速攻であり相手の出鼻をくじく結果となりました。後半投入されたMF宮脇(3年・弥富中)の攻守にわたる奮闘も特筆ものでした。これで愛知県ベスト16です。

 

次回の試合について

インターハイ(高校総体)愛知県大会3回戦 

 5月18日(土) 会場:愛知学泉大学

 15:15キックオフ です。

サッカー部

【サッカー部】H25年度インターハイ尾張支部大会・2回戦 vs誉高校に勝利!

サッカー部は4月21日(日)、インターハイ予選の2回戦で誉高校と対戦(会場:海翔高校)。2回戦屈指の好カードとして支部の注目を集めた試合は、愛知黎明高校が2-0で勝利し3回戦への進出を決めました。前日の雨の影響でグランドにぬかるむ部分を残し、北西からの強風の中での激闘となりました。ワントップに預けて、落としたボールから素早くパスを展開する誉のサッカーと個人技(ドリブルと多彩なパス)を駆使して速攻を仕掛ける愛知黎明。両者の持ち味が出た好校ゲームでした。前半風下となった愛知黎明は誉の速い展開に苦しむ場面もありましたが0-0で折り返すと、風上にたった後半は誉を圧倒。ドリブルで仕掛ける愛知黎明の選手を誉の選手が何度も反則でとめる場面が目立ち、セットプレーが連続する中、後半35分右コーナーキックからのこぼれ球をDF山村(2年生)が蹴りこんで愛知黎明が先制。この1点で動きに制裁をなくした誉の隙を突くように左サイドバック浅賀(3年生)のドリブルからの折り返しを右から走りこんだFW牛田(3年生)がボレーシュートを決めて2-0での勝利となりました。

ページの先頭へもどる